体のゆがみ解消を専門としている次世代整体院です

ボディケア袴田塾

 0532-39-9707

〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町20
OPEN 10:00 - CLOSE 22:00(日曜日定休)

カテゴリー

症状ブログ

お尻のたるみ・脇腹のたるみに効果があるポイント

更新日:

ベルトを締めると、上に載ってしまう脇腹の脂肪はここをほぐせ。

脇腹の脂肪は仙腸関節のふちが滞っているために溜まってしまいます。

最初に脇腹の脂肪をつかんでどのくらい脂肪があるか確認しましょう。

滞りをほぐした後に再度脇腹をつかむとほぐす前よりスッキリしていますよ。

ポイント

仙腸関節をふちをもみほぐして滞りを流しましょう。

仙腸関節を引き離すようにやってみましょう。

脇腹の脂肪が少なくなっていきます。

お尻と太ももの外側についてしまう脂肪には

膝から太ももの内側にかけて滞りがあるためふくらんでしまいます。

この部分を、骨から引き離すようにゆっくりと滞りをほぐして下さい。

お尻、太ももの外側の脂肪がすくなくなりますよ。

 

-症状ブログ

Copyright© ボディケア袴田塾 , 2019 All Rights Reserved.