ふくらはぎの滞りが原因

急激に起こる腰痛が「ぎっくり腰」です。

主な原因は、重いものを持ち上げたり、体をひねったりすることで起こります。

このぎっくり腰は、ふくらはぎの筋肉の下側に滞りができると起こります。

その部分を優しくほぐすことにより、痛みが緩和します。

ただし、かなり痛いので、マッサージのように早い動きはしないで、ゆっくり

押しほぐします。

この部分が滞り、痛んだままにしておくと、またぎっくり腰になってしまうので、

押して痛い場合は、なってしまう前にほぐしておくと、ぎっくり腰が防げます。

*やさしくゆっくり押しほぐす

習慣的にぎっくり腰になってしまう人は、ふくらはぎの真ん中にあたる部分を押すと、

飛び上がるほどの痛い滞りがあります

その部分をやさしく、ゆっくり押しほぐす習慣をつけると、ぎっくり腰を防げます

両手の指で押しこむように「ほぐす」

また、ぎっくり腰になってしまった時は、ここをほぐすことにより、早い回復が見込めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です