テニス肘についてまとめています。

テニス肘の原因とは?

テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し行ったことで肘が痛くなる障害で、バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘があります。
どちらもボールがラケットに当たる時の衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を来し発生するものと考えられます。
前者では手首を背屈する(甲側に曲げる)筋肉がついている上腕骨外側上顆がいそくじょうか(肘の外側のでっぱり)に、後者では手首を掌屈しょうくつ(手のひら側に曲げる)する筋肉がついている上腕骨内側ないそく上顆に発生するため、それぞれ上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎ともいわれます。
バックハンドテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の発生頻度については、若年層で少なく、30代後半から50代に多いことがわかっています。

テニス肘に効果の出たポイント1

いろいろな病院で診てもらっても症状が改善できない方が来店。
問診で肘が痛いので肘に対してアプローチばかり施術されていました。
肘のライン、アームラインを検査。手首から肘、肘から肩、肩から肩甲骨のつながりを検査し
肩甲骨の動きが悪いことがわかり、肩甲骨の動きをだしてあげることで症状が改善出来ました。

テニス肘に効果の出たポイント2

動診で肘を曲げると痛みが出ることが多いです。
主動筋が上腕二頭筋、拮抗筋が上腕三頭筋になります。
拮抗筋に対しての収縮で効果が上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です