体のゆがみ解消を専門としている次世代整体院です

ボディケア袴田塾

 0532-39-9707

〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町20
OPEN 10:00 - CLOSE 22:00(日曜日定休)

カテゴリー

症状ブログ

パソコン・スマホ疲れに!手の凝りが取れる簡単セルフマッサージ4選

更新日:

日々パソコンやスマホ、携帯を使う生活で、マウスを持ったりキーボードを操作したり、スマホを持ったりタッチしたり。

大きな筋力を使うわけではないものの、長時間の操作でけんしょう炎になったり、凝ったり固まったり、

辛い症状を抱えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、疲れた時に手軽に自分でできる、手のセルフマッサージをご紹介致します。

合谷のツボ

風邪予防や、体の痛みの緩和などに広く使われる手の甲のツボです。

親指と人差し指の骨が合わさる内側のくぼみに、反対側の手の親指を当て、人差し指の骨に向かって押します。

痛みやだるさを流してくれます。

親指の筋肉のマッサージ

手のひらの親指のつけ根の筋肉がをもみほぐします。主に親指を使う時に収縮するので、手先の操作では、常に緊張させていることでしょう。効果的な疲れ取りマッサージです。

手の三里のツボ

こちらも手腕の疲れを取り、胃腸の働きや自律神経の働きを整える、万能ツボです。

肘を曲げた時にできる腕の外側のシワから、手指の幅3本分前腕寄りに、反対側の手の親指を置き、前腕の骨に押し込むようにしてマッサージをします。

鎖骨下のマッサージ

鎖骨の下には腕につながる筋肉があり、パソコンやスマホの操作で手を前に固定している時、常に緊張させています。

その筋肉の緊張をほぐすマッサージです。

右手の指先を左の鎖骨の下に押し当て、左腕を根元からねじります。ボリボリと鎖骨下の筋肉が動くのがわかります。

手先を当てる位置も、鎖骨に沿って少しずつ移動させてみましょう。

特に肩の前側は凝っていることが多いです。反対側も行います。

いかがでしたか?自分でも気づかなかった、筋肉の凝り固まりに気づくことができたのではないでしょうか。

凝りやすい所を見つけたら、デスクワーク中でも通勤時のスマホ操作中でも、いつでもセルフケアをすることができますね。

疲れ知らずの元気な体を取り戻せますように

-症状ブログ

Copyright© ボディケア袴田塾 , 2018 All Rights Reserved.