体のゆがみ解消を専門としている次世代整体院です

ボディケア袴田塾

 0532-39-9707

〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町20
OPEN 10:00 - CLOSE 22:00(日曜日定休)

カテゴリー

坐骨神経痛 症状ブログ

坐骨神経痛

更新日:

坐骨神経痛についてまとめています。

 

坐骨神経痛とは?

 

坐骨神経痛は「坐骨」の痛み、つまりお尻のあたりの痛みだと思っている方が多いかもしれません。しかし、坐骨神経は腰から膝あたりまで伸びる神経で、さらに脛骨神経と総腓骨神経に分かれて足先まで続いています。ですから、お尻だけでなく太ももからふくらはぎや脛、足にわたる痛みの原因にもなっていることも多く、股関節や膝関節の痛みと間違われることもあります。

お尻や下肢に痛みが生じた場合、様々な原因が考えられます。このうち、坐骨神経に原因があるために生じる痛みを坐骨神経痛と呼んでいます。坐骨神経は、上述の通り腰から太ももを通って足先に伸びる神経で、この神経がどこかで障害を受けると坐骨神経痛が起こります。
坐骨神経痛は何か原因になる病気があるときに生じる症状であって、病名ではありません。

坐骨神経痛が疑われた場合、その症状を引き起こす疾患を調べます。中でも多くみられるのは、坐骨神経痛の原因として、若い方の場合は腰椎椎間板ヘルニアが多くみられますが、高齢になると腰部脊柱管狭窄症を原因として発症する方が多いです。

坐骨神経痛で見るべきポイント1

坐骨神経痛でお悩みの方も多いですね。
骨盤調整や骨盤の施術で痛みが変わる事が多々あります。
それでも変化しない場合
坐骨神経痛の場合、脛骨内側筋肉をほぐすと変化する場合があります。

坐骨神経痛で見るべきポイント2

脛骨内側筋肉をほぐしてそれでも変化しない場合
足の指、第3,4足趾が曲がっている場合が多いです。
足趾の屈筋にアプローチで変化がでる場合が多い。
脛骨内側筋肉、足の足趾。参考にしてみて下さい。

坐骨神経痛で効果がでたポイント

坐骨神経痛で歩けない患者様に対して効果のでたポイントがあります。
足のバランスの乱れから症状を起こしている場合が多々あります。
特に足趾の小趾が頑張りすぎています。
腰痛ギックリ腰にも効くポイントの小趾の屈筋にアプローチしてみて下さい。
私はこの方法で結果をだしています。

坐骨神経痛でも肩のアライメントを見る

身体のつながりから胸鎖乳突筋を施術。
今回は逆行性のつながりを意識しての施術でした。
胸鎖乳突筋で坐骨神経痛の変化もでました。

手指で坐骨神経痛のシビレをツボで変化

今回はツボを使用です。
怪しいけど一瞬で変化でますよ。
合谷に適切な刺激をいれてあげると変化でますよ。
今回のポイントは圧痛時
身体を改善させるには、無意識な動きをどれだけだせるかが変化するポイントです。

坐骨神経痛はここを見ろ1

シビレの治療は難しい傾向です。
ただですね、私も毎月毎月多数のみています。
結果の出たポイントをお伝えします。
まずは大殿筋
シビレのある側の緊張状況
骨盤が傾いている、大殿筋の左右差を見て下さい。
痛い側の大殿筋をほぐす事で骨盤のアライメント調整され改善する場合があります。

坐骨神経痛はここを見ろ2

脊柱起立筋。
大殿筋が硬い側の脊柱起立筋をほぐす。
あまり長くほぐさないことが重要です。
大殿筋の後に脊柱起立筋をほぐす施術で効果の持続性があります。

坐骨神経痛はここを見ろ3

ふくらはぎ。
特に左側のふくらはぎが硬い場合が多いです。
これは右利きの方の軸となる足の為です。
ここはしっかりほぐしてほしいポイントです。

坐骨神経痛はここを見ろ4

小趾。
足趾のバランスの歪み。とくに小趾です。
シビレている側の小趾が屈曲していることが多いです。
曲がっている指の屈曲部をクリクリして施術します。
重要なのは指のグリップ、強さ、時間です。
効果は抜群です。
試してみて下さい。

-坐骨神経痛, 症状ブログ

Copyright© ボディケア袴田塾 , 2018 All Rights Reserved.