体のゆがみ解消を専門としている次世代整体院です

ボディケア袴田塾

 0532-39-9707

〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町20
OPEN 10:00 - CLOSE 22:00(日曜日定休)

カテゴリー

寝違え 症状ブログ

寝違い

更新日:

寝違いの原因についてまとめています。

 

寝違いの原因とは?

 

朝、眼がさめた時に頸部けいぶ(首)の疼痛とうつう、とくに運動時の痛みを感じることがあります。このような状態をいわゆる「寝違え」と呼びます。
ただし、寝違えという医学用語はなく、頸部周囲の靭帯じんたいや筋肉の急性炎症による痛みの総称としてとらえてよいかと思います。急性疼痛性頸部拘縮きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅくと呼ばれることもあります

不自然な姿勢で眠り続けた時に起こります。通常は頸部に痛みが生じたり、違和感を覚えた場合には、眼がさめたり、無意識のうちに首の姿勢を変えますが、疲労や睡眠不足あるいは泥酔状態で眠ってしまうと、これらの反応がなくなり、不自然な姿勢で寝続けてしまうことがあります。
睡眠時の姿勢が問題で、首の関節や筋肉にかかっていた負担が原因の場合に生じると考えられています。

寝違いに対するポイント1

一般的に寝違えて首を痛めると突然なったと思われます。
どんどん疲労が溜まって寝違いになるパターンが多いです。
首の施術で効果が出る場合もありますが、全体のつながりから見てアームラインを見てみて下さい。
ツボになりますが寝違いには、合谷に刺激を入れてみて下さい。
変化でますよ。

寝違いに対するポイント2

効果の出たポイントはふくらはぎです。
あアナトミーライン上のバックライン。
全身の繋がりを考えてほぐすと寝違いの症状に対して変化でますよ。
もう一つは鎖骨下、胸鎖関節をグリグリしてみたください。

-寝違え, 症状ブログ

Copyright© ボディケア袴田塾 , 2019 All Rights Reserved.