明日は競輪学校入学試験の技能試験の日です。

この日の為に頑張ってきた

豊橋支部の4人のメンテナンスを担当してきました。

今頃は小倉に到着していると思います。

明日の試験は2種目、時間にして1分30秒

1年間この日の為に自分を追い込んできました。

合格率の倍率は5倍程

身体はバッチリ仕上げました。

自分を信じて全力をだしきって下さい。

袴田塾塾生一同パワーを送ります。

日本競輪学校の入学試験

一般入試は、技能試験と適性試験のどちらかを受けます。技能試験は、自転車競技で一定の実績がある受験生が対象で、適性試験は、他のスポーツ経験者が対象です。

技能試験は、1次試験が1000メートルと200メートルのタイムトライアルです。

合格基準は1000メートルのコースを1分10秒程度で走行する能力が求められます。自転車競技経験者が対象となる試験で、かなり鍛えないと、このタイムを出すのは難しいようです。

2次試験は身体検査と人物考査(口頭試問、適性検査、作文など)です。

適性試験は、1次試験が垂直跳びと背筋力の測定で、2次試験が台上走行試験装置を使った回転回数や走行速度の測定です。2次試験には身体検査と人物考査(口頭試問、適性検査、作文など)もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です