肩こりは咀嚼不足によって負担がかかっている小腸・大腸のストレスにより

筋肉が萎縮してしまうためにおこります。

右肩の肩こりは、小腸をほぐし 右腕の小腸系の部分をほぐすと改善されます。

左肩は大腸のストレスなので大腸をほぐし、左腕にある大腸系の部分をほぐすと改善されます。

押して痛いと感じらる場合はストレスにより萎縮しています。

正常な時は押しても痛みを感じません。

食事の時は咀嚼を意識して

一口25回以上噛むと身体の状態は向上します。

右肩のコリの場合

小腸の部分、へその2cmぐらいのところを親指で深くやさしく押してほぐします。

次に右腕の肘から手首にかけて10cmぐらいの部分を骨から剥がすようにします。

左肩のコリ

へその斜め上15cmぐらいのところを親指で深くやさしくほぐします。

次に左腕の肘から手首にかけて10cmぐらいの部分を骨から剥がすようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です