今回は脊柱管狭窄症についてまとめています。

 

脊柱管狭窄症とは?

 

腰部脊柱管狭窄症は、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが肥厚し、脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなることにより神経を圧迫し、血行を阻害することにより症状が出る病気です。腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を引き起こす病気の一つでもあります。
通常、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は腰椎前屈位によって坐骨神経が引っ張られ、症状が悪化する傾向があります。これに対して脊柱管狭窄症では、腰椎後屈位で狭窄が悪化します。右の腰椎後屈位画像からは神経の管が狭くなっていることが確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です