体のゆがみ解消を専門としている次世代整体院です

ボディケア袴田塾

 0532-39-9707

〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町20
OPEN 10:00 - CLOSE 22:00(日曜日定休)

カテゴリー

症状ブログ 自律神経症状

自律神経症状

更新日:

自律神経の乱れ

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われます。

人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因になります。そのストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活など不摂生を続けていると、生体リズムが狂って自律神経のバランスを乱す原因になります。

自律神経失調症や更年期障害が自律神経の乱れを引き起こす代表的な疾患です。自律神経失調症は、過剰な精神的、身体的ストレスが引き金となって自律神経が乱れることで発症し、その症状としてさらに自律神経が乱れるという悪循環に陥ります。更年期障害では、女性ホルモンの分泌が急激に減ることで自律神経が乱れ、突然のほてりやのぼせ、頭痛、めまいなどさまざまな不調があらわれます。

自律神経系の改善 歪み・左右差

自律神経系の症状の方も多く来院されています。
夜眠れない、頭が痛い、血圧の変動、吐き気などいろいろな症状があります。
実際に神経系がやられている事がごくまれにありますが、ほとんどが体の歪み、左右のバランスのみだれが原因で
結果として神経の興奮、過敏状態になっていることが多くあります。
体の歪み、左右差を整えて神経の興奮、過敏状態が改善されています。

体の歪み左右差簡単チェック方法

立った状態で歯を噛んでみて下さい。
左右均等に噛めたいますか?
どちらかが噛む力が弱い方は体軸がズレています。
当院では1分程で左右差がなく同じ力で噛める様に改善できます。
左右差がある方は是非来院お待ちしています。
他にもチェック方法はありますがまたお知らせしたいと思います。

自律神経経の効果が出たポイント1

私の経験上、自律神経系で効果のでるポイントがあります。
まずは、鎖骨下の胸鎖関節です。
施術方法は圧痛操法、一人ひとりに対して変化を見ながら刺激を入れていきます。

自律神経経の効果が出たポイント2

2つ目も圧痛ポイントになります。
場所は合谷です。
一人ひとりに対して変化を見ながら刺激を入れていきます。

自律神経経の効果が出たポイント3

3つ目のポイントは膝裏、火鏡の圧痛です。
ポイント1,2,3に変化を見ながら圧痛します。
あまり強すぎると好転反応を起こしてしまいますので、
的確な刺激を入れていきます。

自律神経経の効果が出たポイント4

圧痛操法を使って刺激を入れると自律神経の症状が落ち着いてきます。
次は筋肉にアプローチ、先ずは腹斜筋をほぐすと自律神経が落ち着いてくることが多いです。
もう一つは次で。
 
自律神経経の効果が出たポイント5

僧帽筋をほぐせ。
この筋肉も自律神経系に効果出ています。
腹斜筋と僧帽筋にアプローチしてみて下さい。

自律神経経の効果が出たポイント6

圧痛、筋肉の次は骨に対してのアプローチ。
効果の出たポイントは、肋骨、鎖骨、骨盤など多くの神経がまとまっている部位の左右差をなくす施術。
圧痛、反応点、モーターポイントなどいろいろな方法がありますが、左右差をなくすことで、症状が改善される方が多いです。

自律神経経の効果が出たポイント7

呼吸。
治療方法ではありませんがアドバイスしています。
自律神経系の方は胸式呼吸が多いです。腹式呼吸に変える。
鼻から吸って口から吐く。
これだけで自律神経系だけでなく全てにおいて症状に変化が現れます。

-症状ブログ, 自律神経症状

Copyright© ボディケア袴田塾 , 2019 All Rights Reserved.