体のゆがみ解消を専門としている次世代整体院です

ボディケア袴田塾

 0532-39-9707

〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町20
OPEN 10:00 - CLOSE 22:00(日曜日定休)

カテゴリー

症状ブログ 頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア Q&A

更新日:

頚椎椎間板ヘルニアとはどんな病気ですか?

椎間板ヘルニアと言えば腰のイメージが強いですが、首の骨である「頚椎」にも椎間板は存在し、もちろんヘルニアにもなります。
頚椎椎間板ヘルニアとは7つある頚椎、その間をつなぐクッションである椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。
飛び出したヘルニアが神経を圧迫することで様々な症状を引き起こします。加齢による変性、姿勢不良、激しい運動などによる負担が椎間板にかかることで発症します。

頚椎椎間板ヘルニアにはどうしてなってしまうの?

頚椎椎間板ヘルニアも腰椎の場合と同じく、椎間板への圧力が主な原因となります。非常に可動性が大きい部位であること、構造上腰椎よりも外からの負担に弱いことなどから、腰椎とは違い、重いものを持ったりすることが直接の負担とはなりにくいですが、姿勢や外力の影響を大きく受けると言えます。そのためラグビーなどのコンタクトスポーツ選手にも多く見られます。その他、喫煙や遺伝なども発症に関わると言われています。

頚椎椎間板ヘルニアの症状にはどんなものがあるの?

軽度の場合、首の痛み、肩こり、軽い手のしびれなどを訴えます。徐々に首を反らす動きが制限されるようになり、腕や手に痛みが走るようになります。重症化してくると手や腕の感覚が無くなったり、握力を始め筋力が低下してきます。手先を使う作業が上手くできなくなり、場合によっては下半身にも症状が出現します。あとは膀胱直腸障害と言って尿や便が出にくくなったり、逆に頻尿や失禁がみられることもあります。
重症例では早期の治療が非常に重要ですので、注意が必要です。

頚椎椎間板ヘルニアはどんな人がなりやすいですか?

当院での男女比は約3:1で男性に多く、20代から70代まで各年齢層の方が手術を受けており、男女とも働き盛りの30~50代にピークがありました。
20代で頚椎椎間板ヘルニアになるのは、首を酷使する、格闘技の選手やラグビーの選手に多く見られます。
中年以降では、下から上ばかり見ている電線の仕事や、黒板を書く姿勢が良くないせいか、教師の方を何人か経験していますが、首に負担のない職業の方も多くいます。

-症状ブログ, 頚椎椎間板ヘルニア

Copyright© ボディケア袴田塾 , 2018 All Rights Reserved.