体のゆがみ解消を専門としている次世代整体院です

ボディケア袴田塾

 0532-39-9707

〒440-0044 愛知県豊橋市宮下町20
OPEN 10:00 - CLOSE 22:00(日曜日定休)

カテゴリー

症状ブログ 顎関節症

顎関節症

更新日:

咀嚼そしゃく(物を噛むこと)したり、口を開閉する際に、咀嚼筋(あごを動かす筋肉)に痛みや違和感を感じる咀嚼筋群の機能障害と、顎関節がくかんせつの痛みや雑音を伴う可動制限を総称して顎関節症と呼びます。これらは、単独で症状を現す場合もありますが、多くは両者が混在した病状を呈します。

顎関節症で変化がでたポイント1

 

顎の痛みを解消したポイントです。
顎関節症、額関節痛で顎に問題があることは少ないですね。
確かに顎の筋力低下の問題はありますけど、
アナトミーライン上のDFL上の内転筋の硬結の施術で改善できました。

顎関節症で変化がでたポイント2
もう一つはDFLライン上の長趾屈筋に異常な緊張があり施術。
内転筋と合わせて顎が軽く開くように改善できました。

 

過去の施術実績

豊橋市 ヤスさん 男性 20歳代 症状/顎関節痛

学生時代に少林寺拳法で顎がズレていた。
口を開けるとカクカクしていた。
施術後、軽くなった。

※施術効果には個人差があります

-症状ブログ, 顎関節症

Copyright© ボディケア袴田塾 , 2019 All Rights Reserved.